ただいまの時刻   
 
 
ログイン名 パスワード   新規登録の方はこちら
お問合せ

大島修治へ直接

メニュー
太志塾

 

プロフィール

リンク

 

「仕事を雑にしたとき、それは雑用になる 」

ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが、
アメリカの修道院で修行されていたときのお話です。

「あなたは、食堂でお皿を並べながら、何を考えていますか?」と指導者に聞かれて、
「別になんにも」と答えながら、
一日の大半が、掃除・洗濯・アイロン掛け・縫い物といった雑用に費やされ、
心の中では、つまらない仕事に明け暮れる毎日に焦りがあった。

「一つひとつ、音をさせないように、静かに置いてご覧なさい」
と言っては彼女は去っていった。

仕事がつまらないのは、やりがいのある作業に

自分自身でしていないからだということを、
その日、その時、私は教えてもらった、と言っています。

食器をセットしてまわるという単純な作業は、
作業そのものにはやりがいもなければなんの報いもなく、
動作はつい機械的になりがちです。

会社におけるお茶くみでも同じです。

この世に、「雑用」という「用」はありません。
仕事を雑にしたときに、雑用となるだけです。
有意義な仕事にするか雑用にするかは、
あなたの心の持ち方次第だと思います。

←Back

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える