ただいまの時刻   
 
 
ログイン名 パスワード   新規登録の方はこちら
お問合せ

大島修治へ直接

メニュー
太志塾

 

プロフィール

リンク

 

経営者セミナー 演題《正しいものを捨てる勇気を持て!》
“今こそ、何をやって、何をやらないかを決断するとき”

今激動の時代の経営は過去の経験や体験にこだわったり、そして勘や
度胸だけでは生きる事はできません。赤字企業の経営方針を見ると、
ほとんどの経営者が「何をやって」「何をやらないか」を
明かに出来てないのです。つまり々兇瓩覘育てる
守るぜ里討襪發里鯡棲里暴侏茲討い泙擦鵝

 

私が思うには経営の戦略とは事業ドメインや人材・商品・立地などで、
「何をやって」、「何をやらないか」を確固たる現状分析のもとに熟慮して
「断行」する事だと思います。一つを選んだ時には一つを断つことです。
今こそ勝ち組に残るためには社員さんの衆知と感性を結集し、
潜在能力を引き出せるような、戦略的思考の経営しかないのです。

私は「正しい物を捨てる勇気を持て」という事を事故後の倒産危機に陥った
会社再建戦略の基本精神にしています。「本当に大切なものを守る」ために
正しいものを捨てきるヒントとは?それを「断行」するには? 
その「判断基準」は?  

“人間らしいサービスと本物の商品しか勝ち残れない!”
「本物には感動の物語がある」
その商品やサービスでなければだめ。わくわくどきどきの物語を作る
「人間らしいサービス?とは」
あるガソリンスタンド、スーパー、レストランの感動的サービス。
「勝組の戦略は植木の剪定」
花は皆美しい、どの木も花も枝も在ることが皆正しい。
しかし・・・
「吉田松蔭の人材育成」
〇屬鮃發持て知恵を身につけろ5の呂鰺椶┃づ按貪に行動せよ。
「社員ふれ愛5か条」
私達はお互いを認め愛、支え愛、許し愛、励まし愛、助け愛、ます。
「人材育成4つの条件」
,笋覽い魑させる△笋衒を教えるやる場を与えるだ気靴ど床舛鬚垢襦
プリンタ出力用画面 友達に伝える