著書紹介

 

発行部数2万3千冊好評中のロングセラー!

この本は大島修治氏の人生の問題集である

答えは、著者自身が持っている。

しかしなかには、著者と同じ問題で

苦しみ悩んでいる方も存在するのでは、ないでしょうか?

タイトルの「人生逃げたらあかん」とは

他人と自分自身から逃げない事、

つまり人間関係の煩わしさや自分の弱さから

逃げていけないという事である。

 

 

著  者 : 大島修治

発行所 : 致知出版社

定  価 : 1200円(税込)

ご購入はこちらからどうぞ!

●この本を推薦します●


「逆境に泣いた。悲運に泣いた。泣いて、呻いて人生の奥行きが見えた。

苦悶を通して”生”の歓びを感じた」

日本BE研究所所長 行徳哲男


「志に目覚めた大島修治氏の凄まじい闘い方と教訓に満ちた本である」

日本創造教育研究所所長 田舞徳太郎


「すべてのものへの感謝と奉仕の真心が自然と滲み出て、
きっと読者の皆様に生きる勇気と、幸せとは何かを、感じていただけると思います」

参議院議員 岩本つかさ


致知ブック倶楽部よりメールで紹介して頂きました!
メールの内容はこちらからどうぞ!
                                             株式会社 致知出版社
                                             〒107-0062 東京都港区南青山6-1-23

奇跡と言うしかない。暴漢にガソリンを浴びせられ全身火だるまになり、五度にわたる危篤状態、

15回の移植手術を乗り越えてカムバックを果たした不屈の精神は何処から湧き出るのか、

その源泉は?何度も自殺を思いつめながら、七十四歳の母親をはじめ周囲の励ましにより、

事件発生の日を命日、そして誕生日と思い定めて生まれ変わった壮絶な人生を語る。

人は何のために生かされているのか?何のために生きるのか?その二度目の人生の使命感は…・

“どんな人間でも問題を抱えているのが当たりまえ、そんなときに”感謝の人間学 「人生逃げたらあかん!」


 ガソリンを浴びせられ発煙筒を投げられる


 グループ規模を縮小社員を十分の一に

 首を吊ろうにもヒモが結べない

 二十六歳で三千五百万の借金

 事業拡大で得意だったやけどまでの十年間

 やけどを負った日は命日、そして誕生日





サイト名: お元気様です   http://www.ogenkisama.com
この記事のURL:   http://www.ogenkisama.com/modules/tinyd0/index.php?id=2