人生逃げたらあかん!

 

演題“感謝の人間学”
《人生逃げたらあかん!》

社長歴42年の講師が、ある日突然 暴漢にガソリンを浴びせられて、
全身6割をやけどしたが5度の危篤状態と15回の移植手術を乗り越えて
奇跡の生還、今、二度目の人生を新たな使命感に燃えて生きる
“感謝の人間学”を熱く語る。

 

序 章、お元気様です。

※    元気の3要素
※    親指さん有難う、握手の実力
※    人は出会うべき人に出会える

第一章、運命の日

※    ある日突然暴漢に襲われて60%のやけど
※    5度の危篤状態と闘病生活(合計18回の移植手術)

第二章、私が歩いてきた道

※    貧乏が経済を教えてくれた
※    時代の流れの中での成功と挫折

第三章、3つの再建(会社、体、心)

※    会社倒産の危機、従業員230人が30人に
※    首をくくろうにも紐が結べない
※    妻の励ましと母の一言
※    息子達にもらった右腕

第四章、蘇った命、2度目の人生

※    トイレ掃除で恨みが消えた。社風が変わった
※    本気のものさし、
※    人材育成こそ社長の一番の仕事
※    人は人によって磨かれる
※    感性、感動、感謝の三感王を目指せ!

終 章、生きるとは燃えることだ。    感謝、拝謝、謝謝




サイト名: お元気様です   http://www.ogenkisama.com
この記事のURL:   http://www.ogenkisama.com/modules/tinyd0/index.php?id=21